<   2013年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

手足口病。

 乳幼児の手足や口内に水疱(すいほう)ができる手足口病の患者が、今年に入って13万人を超えた。過去10年間で最悪だった2011年に次ぐ多さで、厚生労働省は手洗いの徹底などで感染を防ぐよう注意を呼び掛けている。
 国立感染症研究所の調査では、今年に入ってから7月28日までに、13万3802人の感染報告があった。同22日から1週間の感染者は2万7773人で、首都圏を中心に全国的に流行している。
 厚労省によると、手足口病は夏がピークで、5歳以下の乳幼児が9割を占める。唾液などを介して感染し、数日の潜伏期間を経て、手足や口内に2~3ミリの水疱が出る。熱はあまり出ない。
 治ってからも便から長期間ウイルスが排出されるため、トイレやおむつ交換などの後は、流水とせっけんによる手洗いを徹底する必要がある。保育施設などではタオルを共用しないようにする。
 注意が必要なのは、まれに起こる合併症で、髄膜炎や脳炎などがある。発疹初期の2~3日は子どもをよく観察し、「頭を痛そうにしている」「吐く」「熱が2日以上続く」「視線が合わない」などの症状が見られた場合は、すぐに医療機関を受診する必要がある。 

という以上の様な状況です。県内でもかなり流行しているので予防と早めの受診をこころがけましょう!
[PR]
by miyazawa-cl | 2013-08-07 10:04

戸田市中町で内科を開業するクリニックのブログ